小さいバストは豊胸手術を受けることで理想的な胸元を形成する

シリコンを入れる

パジャマ姿の女性

胸が小さいことがコンプレックスの人で、美容外科での治療を考えている人もいます。
女性ならではの悩みである豊胸は、世代を問わず若い方から年配の方まで、美容外科での相談の多い治療です。
豊胸には、簡単なものから本格的なものまで、さまざまな治療法があります。
メスを使わない切らない治療法は、傷跡も目立たないので多くの患者から支持されています。
身体への負担も軽く、すぐに日常生活に戻れることから人気があります。
本格的にサイズアップを考えている方には、切開での施術もあります。
より希望通りに仕上げることが可能なところがメリットです。
バストのコンプレックスで悩んでいる人は、治療法や費用などの不安を解消するために、美容外科でのカウンセリングを受けることからスタートしましょう。

メスを使わない豊胸術として、ヒアルロン酸注入法があります。
ヒアルロン酸をバストに注入しサイズアップさせる方法です。
理想に近い大きさや形にするために、注入箇所や量を調節します。
注入したヒアルロン酸は、約2年ほどで体内に吸収されます。
施術時間は両乳房で20分程度ですみ、切開しないので傷の心配もなく、妊娠や授乳にも影響がなく、施術当日から日常生活に戻れます。
豊富な種類のバックの中から、希望に合わせて選んで挿入するバック式豊胸術は、3~4カップのサイズアップが可能です。
サイズや形が自由に選べて、全体的なサイズアップや半永久的な効果が期待できます。
バックは脇から挿入することで、切開部が脇のシワに隠れて目立たないようにすることが可能です。
入院の必要もなく、妊娠や授乳にも影響しません。
美容外科での自分自身に合った豊胸で、理想のバストを手に入れましょう。